2018年07月08日

初めての会場に足りなかった防寒装備

今日は遠征夏のコンサートスタイルで。

2018-0708

ネイビー地に白のボーダーのタンクトップに、ネイビーのBOXTシャツを重ね、ひよこ色のカーディガンを腰巻にしました。
ボトムは黒のジャージージョッパーパンツで。
アクセサリーは、小粒パールのブレスレットを4本重ね着けし、イヤリングは菱形のビーズステッチのイヤリングを、バロックパールのロングネックレスは前でひと結びして。
DSC01500
足元はエタンのバレエシューズにしました。


今日は先週に引き続き新幹線でぴゅーっと上京して、コンサートに行って来ました。

今年で18回目になるフェス形式の癒し音楽のコンサートで、かれこれ17年行き続けています。
今回の会場は、コンサート会場としては割と有名な大学の記念講堂で、私は初めての場所です。

先週に引き続き、今日も冷房の強さを考慮して、防寒対策にカーディガンを持ち長めのパンツで挑んだわけですが、冷房が予想を上回る強さで、かなり寒かったです。
この時期、冷房が弱くてもそれはそれで臭い問題が発生して苦しむことがあるのですが、どちらも辛いところです。


さて、今日のコンサートは夕方からだったので、当初はお昼頃に出発する予定にしていたのですが、先週の上京時にティールームに振られたのが悔しくて、今日のコンサート前に行くべく、あの日帰宅後すぐに新幹線を早い時間に変更しておきました。
かなり余裕を持って時間をとったので、今日はのんびりとお茶を楽しみ、焦ることなく過ごすことができました。

と言っても、夕方からのコンサートと言うことは、新幹線の最終に間に合うかどうかという問題もあったのですが、そこは例えコンサートが途中でも間に合うように出ることに決めていました。
結果としては、会場最寄り駅を出なくてはいけない最終ラインに1時間ほどの余裕をもって終演となったので、コンサートも最後まで楽しめましたし、新幹線も余裕を持って間に合いました。
ただ、時間が遅いために晩御飯の選択幅がちょっと狭かったですけどね。
それでも日帰り可能なのはありがたかったです。

タンクトップ:ベルメゾン
Tシャツ:Spic & Span
パンツ:GALLARDAGALANTE
カーディガン:ユニクロ
ネックレス:ピュアサンタ
ブレスレット:ハンドメイド
イヤリング:ハンドメイド
靴: かねまつ
バッグ:LAZY SUSAN
スカーフ:Spic & Span 

最高気温:23℃/32℃ 最低気温:19℃/25℃
曇り/晴れ 

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ 
    • 0 Comment |
    • mixiチェック
2018年07月03日

意外と暑かった映画館

今日は映画鑑賞スタイルで。

2018-0703

ネイビー地に白のボーダーのタンクトップに、ネイビーのBOXTシャツを重ね、ひよこ色のカーディガンを腰巻にしました。
ボトムはベージュのテーパードクロップドパンツで。
アクセサリーは、白のビーズ、白のハウライトとグレーパール、クリアビーズのブレスレットを3本重ね着け、青の石とパールのイヤリング、青の石のロングネックレスは前でひと結びして。
DSC01792
足元はベージュのリボン付きパンプスにしました。 


今日は映画館に行き、大画面で王を称えて来ました。 
そう、観に行ったのは「バーフバリ 王の凱旋 完全版」です。

春に公開されたときに話題になっていたのは知っていたのですが、インド映画だし長いしDVDのレンタルでいいな、と思っていたのです。
ところが先月、レンタルして観たところ、意味がわからないところが多いものの、とにかく圧倒されまくりで、何かすごいものを観たぞ、と。

そもそも「王の凱旋」はシリーズ2作目で、前作の「伝説誕生」を観ていないとわからない箇所が多々あるのに加え、インド神話に造詣がないとわからないという部分もあるのです。
しかしそれらを置いておいても、観終わったあとでは王を称えたくなるパワーのある作品で、観終えてからマヒシュマティの民(バーフバリにはまった方々の呼称)の皆様のありがたい解説を読み、前作の「伝説誕生」も観て思ったのです。

これは、映画館で観るべき作品だと。

劇場の大画面で王を称えるべきだと。

実は、日本公開版はインド公開版より26分ほどカットされており、ファンの間ではノーカット版の公開が待たれていたところでありました。
それが「完全版」という形で少し前から劇場で公開となり、さらには上映期間延長にもなり、もうこれは観に行くしかないよね、と。

映画をDVDで観た後でその作品を劇場で観たいと思っても通常は叶いませんが、今回はとても運が良かったというか、王のお導きなのか、とてもよいタイミングで事が運びました。 


さて、夏の映画館といえば冷房が効きすぎて寒いだろうと覚悟して、今日の防寒装備にはカーディガンに加えスカーフも持って行ったのですが、結果として両方とも要りませんでした。
今日がレディースデーだったせいなのか、いつもあのくらいなのかわかりませんが、むしろ暑くてしばらく扇子で扇いでいたほど。
飲み物も温かいお茶を買ったのですが、冷たい飲み物の方がよかったです。 


ちなみに、シアター前にはこんな撮影スポットが。
DhLnnRjVQAYTvEw
 パネルの裏には踏み台用の椅子が置いてあって、王と同じポーズで写真が撮れます(笑)

タンクトップ:ベルメゾン
Tシャツ:Spic & Span
パンツ:vivment
カーディガン:ユニクロ 
ネックレス:ハンドメイド
イヤリング:ハンドメイド
ブレスレット:ハンドメイド
靴:COQUETERRA
バッグ:LAZY SUSAN
スカーフ:Spic & Span

最高気温:34℃ 最低気温:25℃
晴れ

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ 
    • 0 Comment |
    • mixiチェック
2018年07月01日

猛暑日には防寒対策が欠かせない

今日は遠出してライブに行ってきました。

2018-0701

焦げ茶色の麻のVネックニットに、黒のジャージージョッパーパンツを合わせました。
アクセサリーはターコイズとシルバーメタルメダルのペンダントに、ターコイズのラップブレスレット、ターコイズのビーズボールのイヤリングを。
DSC01448
 足元はエタンのバレエシューズにしました。


今日は新幹線でぴゅーっと上京して、ライブに行ってきました。

バイオリンとギターのデュオが主催のライブなのですが、私が好きな女性歌手の方がゲストポジションながら1時間くらいは出番があるというので、これは聴きにいかねば、と。
ライブ全体が90分くらいでそのうち60分ですから、3分の2も出番があるなら行った甲斐があるというものです。

今回はバイオリン、ギターのデュオに加え、他のゲストとしてコントラバスとパーカッションも加えた編成で、どの方もプロとして活躍されていらっしゃる方ですから、もちろん演奏全体としてとても良かったです。
また、歌手の方の曲のときの今回の編曲がとても良くて、今回限りなのは勿体無いと思いました。


その後、昨年から大ハマりしている紅茶屋さんへ行き、ティールームとティーマーケットをはしごするつもりだったのですが、先に行ったティーマーケットで長居しすぎたことと、ティールームの入店待ちがあまりにも長すぎて帰りの新幹線の時間が迫ってしまったことで、ティールームは泣く泣く諦めざるを得ませんでした。
新幹線の時間を後ろに変更することも考えたのですが、予約していたのより遅い時間はもう満席で動かせなかったのです。 
無念でした。


さて、今日の東京の予想最高気温は32℃。
と言うことは、建物内の冷房はかなりきつめであろうと予想して、ボトムは長めのパンツを選び、防寒用のカーディガンを持って行きました。
暑い日ほど、防寒装備が欠かせないんですよね。
案の定、ライブハウスはかなり寒くて、薄手のカーディガンでは足りないほどでした。
もうちょっと厚手のもので良かったです。
次回(があれば)の教訓です。

ニット:ベルメゾン
パンツ:GALLARDAGALANTE
カーディガン:ユニクロ
ペンダント:ハンドメイド
ブレスレット:ハンドメイド
イヤリング:ハンドメイド
靴:かねまつ
バッグ:LAZY SUSAN

最高気温:32℃/32℃ 最低気温:24℃/25℃
晴れ

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ 
    • 0 Comment |
    • mixiチェック
2018年06月23日

移り変わる髪型と耳飾りの関係性

今日はなんだか久しぶりな気がするシャツスタイルで。

2018-0623

白のシャツに、ネイビーのミディ丈ギャザースカートを合わせ、黄色のカーディガンを肩がけにしました。
アクセサリーは、オルドナンツとスワロフスキーのイヤリングに、白のビーズとクリスタルのブレスレットを4本重ね着け。
DSC01479
足元はエタンのバレエシューズにしました。


昨日髪を切ったのですが、耳周りをかなりすっきりめにしたので、イヤリングがより映えるようになりました。
ちょっと長さがあるタイプなどが特にちょうどいい感じです。

イヤーアクセサリーは、髪をすっきりまとめるのが一番見栄えがしてどのタイプでも合わせやすいと思いますが、私は髪をまとめられるほど伸ばす気がないので、そのときの髪型に合わせて選んでいくしかありません。
当然、結構出番に偏りは出ているのですが、髪型を変えるたびに頻度も移り変わっているので、平均したら同じくらいになっているような気がします。

シャツ:UNTITLED
カーディガン:ベルメゾン
スカート:UNITED ARROWS
ベルト:Spic & Span
イヤリング:ハンドメイド
ブレスレット:Q's loft、ハンドメイド
靴:かねまつ
バッグ:???

最高気温:27℃ 最低気温:16℃
晴れ

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ 
    • 0 Comment |
    • mixiチェック
2018年01月08日

いくら纏ってもそれだけでは英国紳士には近づけない

今日は「1月なのに雪じゃなくて雨だなんて驚き」スタイルで。

2018-0108a 2018-0108b

ひよこ色のタートルネックセーターに、カーキと黒のコーデュロイパンツを合わせ、茶色のロングブーツにブーツインしました。
アクセサリーは、フェザーモチーフのペンダントに、トパーズブラウンのクロスモチーフのイヤリングを。
DSC01494
アウターは黒のシングルコートに、緑系ボーダーのマフラーをミラノ巻きにしました。


出かけようとする少し前から、天気は雨降りになりました。
そのせいか、外に出た瞬間、あ、今日あったかいな、と思ったのですが、街頭の温度表示を見たら5℃でした。
暖かいというほどでもない気温ですが、雨で湿度が高かったことと風がなかったこと、ここ数日は5℃を下回る気温のときばかり出歩いていたからそう感じたのでしょう。


さて、デパートのフレグランスコーナーの前を通ったら、ロンドンのフレグランスメーカー「Miller Harris」の「カードジャルダン」のサンプルムエットを配っていました。

結構好みの香りだったので、そこから店員さんと話をしながら他の香りをいろいろ試し嗅ぎをしていたのですが、その中で
「英国紳士っぽいのがありますよ」
と差し出されたそれが、本当に英国紳士っぽい!
店員さんいわく、
「コリン・ファース氏がつけていそうなイメージ」
だそうで、
「確かにつけてそう! 「キングスマン」でつけてそう!」
と盛り上がってしまいました(笑)

しかし、そんなに面白かったのに香水の名前を忘れるという私の残念クオリティはなんとかならんものか…。
私自身がつけたい香りではないのですが、素敵な英国スーツスタイルの紳士があれをつけていたら、思わず着いて行ってしまうかもしれない…と思う、ある意味危険な香りでした。

セーター:ブリック
パンツ:truenyc.
ペンダント:ハンドメイド
イヤリング:ハンドメイド
コート:SHIPS
マフラー:FAIRFAX
ブーツ:ing
バッグ:LAZY SUSAN

最高気温:8℃ 最低気温:−1℃
曇り後雨

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ

 
    • 0 Comment |
    • mixiチェック