2018年03月04日

ピアノと弦楽器とスニーカーとこぐま

今日は遠征してコンサートへ。

2018-0304

白のシャツに、焦げ茶色の変形ドルマンスリーブニットを重ね、首元にはキャメル地のスカーフをループノットで巻きました。
ボトムはネイビーのサキソニーワイドパンツで。
アウターはベージュのトレンチジャケットを。
足元は白とネイビーのドライビングシューズにしました。


今日は、敬愛してやまないピアニストのクァルテットコンサートのために、サントリーホールへ行ってきました。
昨年の改装後、大ホールに入るのは初めてです。

コンサートでは、集中して聴いていることと、演奏者の動きが視覚的にわかることから、CDでは聴こえていなかった音が聴こえたり、受け取り方が違うことはよくありますが、今日もはっとさせられた瞬間がいくつかあり、生演奏の素晴らしさを再認識しました。
ほんとにね、CDではあまり気にしていなかった箇所が、もう震えるほど格好よかったり、全身持ってかれてしまうような感覚に襲われたりして、とにかく感情をかき乱されっぱなしのコンサートでした。


さて、今回上京の主目的はコンサートでしたが、その他に3つ、目的がありました。
そのうちの2つは、ネットショップで見た商品の実物を試着する、というもの。

1つはスカーフで、こちらは試着した瞬間に、あ、これ違う、と感じたので一瞬で終了。
それまで、何度かサイトにアクセスしては、素敵だなー、と眺めていたのですが、近隣に在庫がなかったため試着ができなかったんです。
今回うまく行程に組み込んで試着できたので、あっさり諦めがつきました。

もう1つはスニーカー。
先月から気になっていたSPINGLE MOVEのレザースニーカーですが、銀座の直営店に問い合わせたところ在庫があり、サイズも試したいサイズが揃っていたので、取り置いてもらっていたのです。
実物を確認し、試着したところ、大きな問題もなかったので、購入してきました。
DSC01720
SPINGLE MOVE SPM-272 Brown サイズS
素材がオイルワックスレザーのスニーカーです。

先月、SPM-110のサイズSS(23.5cm)とS(24.5cm)を試着したときに迷ったので、今回も両サイズを履き比べしてみました。
その結果、やはりSSだと足長が足りないことからSにしました。 
幅は結構余裕がありますが、甲が低めなことと、ヒールがないうえ紐をぎゅっと結ぶことで足首で固定できることから、前滑りはしないで済みそうかな、と。

ブーツじゃなくても大丈夫なくらい暖かくなったら、少しずつ履き慣らしていこうと思います。


そして、もう1つの目的。
それは、「こぐまのケーキ屋さん」の東京駅ミニショップ ストリートワゴン店に行くこと。

2017年11月に1作目がTwitterに掲載されるなり大人気となり、2018年3月には書籍が発売となった「こぐまのケーキ屋さん」。
こぐま店長の可愛さにもうメロメロで、「推しが尊い」という感情を四十路にして初めて知りました(笑) 
書籍の発売に併せていろいろと展開しているうちの1つにこのミニショップがあり、ちょうど上京と期間が重なったので、これはもう行きなさいという神の思し召しに違いない、と。
どのみち東京駅は利用しますから、時間さえ確保できれば行かない手はありません。

で、その戦利品がこちら。
DSC01717
ストラップ2種類です。

でも、ちょっと失敗したって思っているんですよ。
左の店長のを買うなら、対となる店員さんも買うべきだったと。
だってこの店長、「今日から2人でケーキ屋さん」 のときの店長で、その目は店員さんを見ているわけですよ。
なのに1人にしてしまうなんて、罪深いことをしてしまったな、と。
右の店長は1人でも楽しそうだからいいんですけどね。 

そして、実はこちらが主目的。
DSC01718

DSC01719
お買い物をすると先着でいただける、ここ限定のショッパーです。 
(端が色褪せているのはそういうデザインで、私がボロボロにしたわけではないです。)

嗚呼、可愛い……。尊い……。

シャツ:無印良品
ニット:UNTITLED
パンツ:Spic & Span
スカーフ:manipuri
ジャケット:Noble
靴:かねまつ
バッグ:LAZY SUSAN

最高気温:19℃/21℃ 最低気温:2℃/6℃
晴れ

↓推しぐまが尊いと思ったらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
    • 0 Comment |
    • mixiチェック
2018年02月24日

急募・格好いい系イヤリング

風が強くてスカートでは寒かったの巻。

2018-0224a 2018-0224b

白のタートルネックリブニットに、焦げ茶色の変形ドルマンスリーブニットを重ねました。
ボトムはベージュのツイルコットンフレアスカートで。
アクセサリーは緑の勾玉の首飾りに、トパーズブラウンのエッグプラント風イヤリングにしました。
DSC01513
アウターはキャメルのショートコートに、白のストールをミラノ巻きに。
足元は80デニールの茶色のタイツに、茶色のショートブーツにしました。


昨日に引き続き、やっぱり今日も似合うイヤリングがこれしかありませんでした。
別に毎日同じイヤリングをつけても全く悪いことはないのですが、せっかく異なるデザインで作ってあるので、いろいろ着けたくもあるのです。

何でもそうですが、イヤリングも、見た目の好みと、着けたときにどうなのか、その日のコーディネートと合わせてどうなのか、がそれぞれ違ってくるので、店頭のディスプレイで素敵!と思っても、試着したら似合わないこともしばしば。
今回みたいに髪型を変えたら雰囲気が変わって合わなくなることもありますしね。

ま、季節の経過と髪型の変化で解決されると思うので、気長に調整していきたいと思います。

ニット:ユニクロ、UNTITLED
スカート:GALLARDAGALANTE
首飾り:ブリック
イヤリング:ハンドメイド
コート:ROPE
ストール:TOMORROWLAND
ブーツ:HOSONO
バッグ:FRANCESCO BIASIA

最高気温:8℃ 最低気温:−1℃
晴れ (風は強くて冷たかった)
    • 0 Comment |
    • mixiチェック
2017年11月04日

モックネックとはなんぞや

今日は茶系で。

2017-1104

オフホワイトのメリノリブモックネックセーターに、焦げ茶のライダースジャケットを羽織りました。
ボトムはベージュのコードストレッチフレアスカートで。
首元にはキャメル地にドラム柄のスカーフを三角ドレープ巻きにしました。
アクセサリーはアンティークゴールドのあみ玉のイヤリングを。
DSC01514
足元は30デニール相当の茶色のフィッシュネット柄タイツに、オーカーのモカシンシューズにしました。


写真ではちっとも見えていませんが、今日のトップスは先日買ったばっかりのモックネックセーターです。

「モックネック」って初めて聞いたのですが、調べてみたところ、モック・タートルネック(Mock Turtleneck)が元々の語源とのこと。
この「モック」とは、「偽の・まがいものの」という意味の言葉で、モック・タートルネック=タートルネックのまがいもの、という事を意味するのだそうです。
クルーネック以上タートルネック未満の長さで、タートルネックのように折り返さず、一重になっているネックの事とのこと。
ハイネックとの区別はほぼないに等しいようです。

白のタートルのリブニットは私の冬の定番アイテムとして既にあり、一見似たようなものにも思えますが、色味が白とオフホワイトで印象が変わりますし、ネック部分の表情も異なり、リブの太さも違うことから、これは別なものと捉えていいなと思ったのです。
さらには、ホールガーメント技術を用いた立体編みのせいか、ほどよくフィットしつつもぴちぴちにならない点が気に入りました。
素材もメリノウール100%で、私が苦手とする、化繊との混紡ではありません。

この秋冬、活躍させよう!と思わなくても、たぶん活躍する1枚になることでしょう。

ニット:ユニクロ(Uniqlo U)
ジャケット:Michael Kors
スカート:Spic & Span
スカーフ:manipuri
イヤリング:ハンドメイド
靴:かねまつ
バッグ:LAZY SUSAN

最高気温:16℃ 最低気温:11℃
曇り

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ


    • 0 Comment |
    • mixiチェック
2017年09月21日

ボトムスの裾の長いのが苦手なんです

今日はなぜか存在を忘れがちなシフォンスカートで。

2017-0921

茶色のタンクトップに、白のシャーリングシャツを重ねました。
ボトムは焦げ茶色のロングシフォンスカートで。
アクセサリーは、琥珀の一粒ネックレスに、アンティークレッドのラップブレスレット、ウッドビーズとゴールド系ビーズの吹き流し型イヤリングを。
DSC01447
足元は茶色のリボン付きパンプスにしました。


近年の、ガウチョパンツに代表される裾長ボリューム系ボトムスに手を出していない理由の1つに、安全性があります。

今日のスカート、私の手持ちの中ではかなり長い方なのですが、足首が完全に出るこの長さでさえ、歩行時や着席時に裾が絡みそうになったり踏んづけそうになったりしてしまうのです。
そんな私が、裾にあれだけのボリュームがあるものを着用したら、何か惨事が起きそうな気がするんですよね。

現にこのスカート、裾を自転車の後輪に巻き込んだことがあります。
幸い転倒はしませんでしたが、車輪から外すのに苦労しましたし、柔らかい生地なので巻きこんだところがズタズタのボロボロ。
当初、もっとシフォンの分量があるスカートで、歩くと後ろにふわっとなびく様が素敵なスカートだったのですが、ダメージを受けた箇所の生地をウエストから裾まで切り取って、無事なところ同士で縫い合わせるというリペアをしたので、分量が減ってしまったのです。
もっとも、あの感じだと遅かれ早かれ似たようなことはどこかで起きていた気がするので、このスカートが今の形になるのは避けられなかったかもしれません。

そういったことがあるので、裾が長くてワイドなボトムスに手が伸びないのです。

一番は、なんだか自分にしっくり来ないという理由なのですが、それ以外にもお手洗いが大変そうという理由もあります(笑)

と、そんなことを、スカートの裾を椅子の脚で踏んづけそうになりながら思ったのでした。

タンクトップ:ユニクロ
シャツ:ANTONIO MARRAS
スカート:PARADIS TERRE
ネックレス:久慈琥珀
ブレスレット:ハンドメイド
イヤリング:ハンドメイド
靴:COQUETERRA
バッグ:LAZY SUSAN
スカーフ:manipuri

最高気温:26℃ 最低気温:18℃
晴れ

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ 
    • 0 Comment |
    • mixiチェック
2017年08月24日

こんなびしょ濡れは何年ぶりだろう

今日は茶系で。

2017-0824

白のタンクトップに、焦げ茶の麻のVネックニットを重ねました。
ボトムは茶系チェックの麻のスリットスカートで。
アクセサリーは、琥珀の1粒ネックレスに、ゴールド系ビーズと、赤染め珊瑚のブレスレットを5本重ね着け、ウッドビーズとゴールド系ビーズの吹き流し型イヤリングを。
DSC01447
足元はオーカーのレインモカシンシューズにしました。 


私が外を歩いていたそのとき、市内中心部は1時間に11mmの豪雨に見舞われました。

今日は検診の検体の提出日だったのですが、当初の天気予報では晴れだったので午後から行く予定にしていたところ、昼過ぎから雲行きが怪しくなり、雨が降り出しました。
雨雲レーダーを見ながら様子見をしていたのですが、検体の有効期間と受付場所へのアクセスの都合から今日でなくてはならず、そして受付時間の終了が迫ってきたためギリギリの時間に家を出たところ、それが不運となりました。

途中まではちょっと強い降り、という具合だったのですが、だんだん雨量は増していき、みるみるうちに道路は川、少し高低差がある箇所の低いところは湖に変身。
レインシューズを履いては居たのですが、下からの浸水は防いでくれても上から入ってくる雨までは当然防ぐことはできません。
幸い風が強くなかったので、傘に守られた上半身は無事だったのですが、下半身はびっしょびしょのずぶ濡れ。
検体提出後に会場の片隅で雨宿りをしていたら、居たところに水たまりができてしまいました(笑)

結局その豪雨を降らせた雨雲は30〜40分くらいで通り抜け、その後は雨なんか嘘だったみたいに穏やかな空に。
雨が止んでよかったですけど、どうやら最悪のタイミングを引き当ててしまった模様です。
そんな引きは要らないよ…。

タンクトップ:NOLLEY'S
ニット:ベルメゾン
スカート:RALPH LAUREN
ベルト:Spic & Span
ネックレス:久慈琥珀
ブレスレット:Q's loft、ハンドメイド
イヤリング:ハンドメイド
靴:かねまつ
バッグ:???

最高気温:31℃ 最低気温:23℃
晴れのち雨一時豪雨のち曇り

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ 
    • 0 Comment |
    • mixiチェック