2012年05月05日

スキンケアコスメ(洗顔編)

スキンケアほど、日々の積み重ねが如実に表れるものはない気がします。
もちろん即効性のあるスペシャルケアアイテムもありますが、やっぱり毎日の地道なケアが最後には物を言うような気がします。

スキンケアでやるべきことは、落とす→補う、ただそれだけなのですが、どのアイテムを選ぶか、どのように使うかというのは、非常に悩ましいところで、年を重ねるごとに解決したいことも変わって来ますし、コスメも進化するので、つい目移りしてしまうのは仕方ないかもしれません。
そんなコスメジプシー時代を経て、ここ数年私が使っているのが今のラインナップなのですが、今日はその中から洗顔アイテムをご紹介。

2012-0505a

いつもの朝の洗顔はAWAKEのエクスフォリザー。コットンにとって拭き取る美容液で、古い角質を取り除き、その後に使う化粧品の浸透を促す効果があります。
これは本来洗顔後に使うアイテムなのですが、私は洗顔代わりに使っています。時間がない時には本当に便利。これを使い始めてから格段にニキビができにくくなりました。良質なコットンを使えばスクラブのような刺激なしに角質ケアができるし、顏を拭いた後ひじも拭けばひじもすべすべになって一石二鳥。ムダなく使えます。

潤いが足りなそうな日は、HABAのプラチナモイスチャーパワートリートメントマスク。これはHABAとベルメゾンの共同開発商品でベルメゾンでしか買えません。
朝の肌を目覚めさせる簡単なマッサージをするのに丁度いい粘度で、しっとりやわらかな肌にしてくれます。
拭き取りと洗い流しのどちらでもいいということになっているのですが、洗い流そうとするといつまでたってもヌルヌルが消えないのが難点。なので断然拭き取り推奨。軽く濡らしたコットンを3枚も使えばぷるぷるのお肌が現れます。

2012-0505b

私は、メイクをした日もしない日も、基本的にはクレンジングをすることにしていますので、夜の洗顔はHABAのプラチナモイスチャーパワークレンジングミルク。これもHABAとベルメゾンの共同開発商品でベルメゾンでしか買えません。ダブル洗顔が不要なクレンジングミルクです。
とろとろの感触でやさしくメイクオフができます。ローズとゼラニウムの香りも癒されます。拭き取りでも洗い流しでもよいとのことですが、朝が拭き取りなので夜は洗い流すことにしています。

メイクをした日は、その前に資生堂のパーフェクトリムーバーでポイントメイクをオフ。
私が使っているマスカラはリムーバーで落とすタイプだし、眉マスカラも使っているのでこれが必須です。
コットンに取って、ポイントメイクの上に20秒ほど置いたらそっと拭き取ります。コットンに取る時に一緒に綿棒にも取って、マスカラやアイラインなど細かいところを落とすのに使います。
ドラッグストアで安く買えるので惜しみなくたっぷりと使えます。

疲れていたり具合が悪かったりして顏を洗うのが面倒な時は、ビオデルマのサンシビオエイチツーオー。拭き取りタイプのクレンジングウォーターです。敏感肌用に作られているので刺激なく使えます。香りもありません。朝の洗顔代わりに使ってもいいと思います。ポイントメイクも落とせる、とはうたっていますが、私の使っているマスカラは落ちませんでした…。
震災で水が使えなかった時にはこれが本当に重宝しました。 地震当日の夜、ろうそくの光のもと、これでメイクを落としたのを思い出します。

洗顔はスキンケアの基本です。お肌の揺らぎ補正は洗顔にかかっているという説もあるようです。
すっきりすべすべに仕上がった肌は、触っていても気持ちがいいし、お化粧のノリもよいものです。お肌が不調な時、化粧水や美容液を見直す前に、洗顔アイテムを見直すのことが美肌への近道かもしれません。 


スキンケアコスメ保湿編はこちら 

追記: 
HABA プラチナモイスチャーパワークレンジングミルクは販売終了となっており、再販の予定も未定とのことです(2012.12.18現在)
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • mixiチェック
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/amanotumako/6590304 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

絵文字
 
星  顔