2018年07月03日

意外と暑かった映画館

今日は映画鑑賞スタイルで。

2018-0703

ネイビー地に白のボーダーのタンクトップに、ネイビーのBOXTシャツを重ね、ひよこ色のカーディガンを腰巻にしました。
ボトムはベージュのテーパードクロップドパンツで。
アクセサリーは、白のビーズ、白のハウライトとグレーパール、クリアビーズのブレスレットを3本重ね着け、青の石とパールのイヤリング、青の石のロングネックレスは前でひと結びして。
DSC01792
足元はベージュのリボン付きパンプスにしました。 


今日は映画館に行き、大画面で王を称えて来ました。 
そう、観に行ったのは「バーフバリ 王の凱旋 完全版」です。

春に公開されたときに話題になっていたのは知っていたのですが、インド映画だし長いしDVDのレンタルでいいな、と思っていたのです。
ところが先月、レンタルして観たところ、意味がわからないところが多いものの、とにかく圧倒されまくりで、何かすごいものを観たぞ、と。

そもそも「王の凱旋」はシリーズ2作目で、前作の「伝説誕生」を観ていないとわからない箇所が多々あるのに加え、インド神話に造詣がないとわからないという部分もあるのです。
しかしそれらを置いておいても、観終わったあとでは王を称えたくなるパワーのある作品で、観終えてからマヒシュマティの民(バーフバリにはまった方々の呼称)の皆様のありがたい解説を読み、前作の「伝説誕生」も観て思ったのです。

これは、映画館で観るべき作品だと。

劇場の大画面で王を称えるべきだと。

実は、日本公開版はインド公開版より26分ほどカットされており、ファンの間ではノーカット版の公開が待たれていたところでありました。
それが「完全版」という形で少し前から劇場で公開となり、さらには上映期間延長にもなり、もうこれは観に行くしかないよね、と。

映画をDVDで観た後でその作品を劇場で観たいと思っても通常は叶いませんが、今回はとても運が良かったというか、王のお導きなのか、とてもよいタイミングで事が運びました。 


さて、夏の映画館といえば冷房が効きすぎて寒いだろうと覚悟して、今日の防寒装備にはカーディガンに加えスカーフも持って行ったのですが、結果として両方とも要りませんでした。
今日がレディースデーだったせいなのか、いつもあのくらいなのかわかりませんが、むしろ暑くてしばらく扇子で扇いでいたほど。
飲み物も温かいお茶を買ったのですが、冷たい飲み物の方がよかったです。 


ちなみに、シアター前にはこんな撮影スポットが。
DhLnnRjVQAYTvEw
 パネルの裏には踏み台用の椅子が置いてあって、王と同じポーズで写真が撮れます(笑)

タンクトップ:ベルメゾン
Tシャツ:Spic & Span
パンツ:vivment
カーディガン:ユニクロ 
ネックレス:ハンドメイド
イヤリング:ハンドメイド
ブレスレット:ハンドメイド
靴:COQUETERRA
バッグ:LAZY SUSAN
スカーフ:Spic & Span

最高気温:34℃ 最低気温:25℃
晴れ

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ 
    • 0 Comment |
    • mixiチェック
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントはまだありません。

絵文字
 
星  顔