2018年02月17日

探しているのは流通量が多くないスニーカーでして

やっぱり冬は白小物が便利。

2018-0217a 2018-0217b

青緑のタートルネックカットソーに、グレーのモヘアゆるニットを重ねました。
ボトムは黒とカーキのコーデュロイパンツで。
アクセサリーはひと結びしたバロックパールのロングネックレスと、小粒パールのぶどう型イヤリングにしました。
DSC01688
アウターはカーキのダウンコートに、緑系ボーダーのマフラーをワンループで。
足元は黒のショートブーツにしました。


先日ネットで見て気になっていたスニーカーメーカー「SPINGLE MOVE」のスニーカーを探しに行きました。
1つのデザインを小さいサイズから大きいサイズまで展開しているので、取り扱いがあれば小さいサイズももしかしたらあるんじゃないかなーという淡い期待を抱いて行ってみたのです。

あったにはありました。
ただ、ほぼメンズサイズでした。

しょんぼりしながら店頭の商品を眺めつつ店員さんに話をしたところ、バックヤードに1種類だけ小さいサイズがあったのです。
SPM-110のSS(23.5cm)とS(24.5cm)で、通常24.5cmの私はSから試着したわけなのですが。

このメーカーの特徴として、甲が薄めで踵も小さめのつくりだと公式サイトに書いてありました。
ただ、幅を極端に狭く作っているわけでもないから、甲高・幅広、外反母趾の方でも大丈夫、とも書いてあったのです。

履いてみたら、まさにその通り。
甲が低めなのに幅はあるので、靴紐をかなり絞めても横に泳いじゃうんですね。
それで試しにSSを試着してみたら、あらワイズはぴったり。
ただ、足長が捨て寸でギリギリ入っている状態なのでちょっと足りないかも?という、帯に短し襷に長し状態でした。

Sサイズに別なインソールを入れるという手もあるのですが、元々のインソールがふかふかしていて履き心地がいいので、ここに別なのを入れてしまうとちょっともったいない感じがするんですよね。

ただそもそもの話として、欲しいモデルと違うモデルなので木型が違う可能性は大いにあり、結局のところ、やっぱり欲しいモデルを履いてみないとだめだろうな、と。
でも質感や傾向はちょっとわかったので、最終手段として通販となったときに、サイズ選びの相談をより具体的にできるという意味でも、今日の試着は参考になりました。

さて、どうするかな…。


参考(2018.2.17現在):
S-PAL仙台東館 PICHE ABAHOUSE(種類は少ないけどバックヤードにSPM-110のSS、Sがあった)
PARCO仙台 MEN'S MELROSE(種類は8種類くらいあったかな? 店頭には大きいサイズのみ)

カットソー:ユニクロ
ニット:PARADES TERRE
パンツ:truenyc.
ネックレス:ピュアサンタ
コート:EPOCA
マフラー:FAIRFAX
ブーツ:かねまつ
バッグ:LAZY SUSAN

最高気温:5℃ 最低気温:−2℃
曇り

↓お気に召しましたらポチっとしていただくと励みになります!
 にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
    • 0 Comment |
    • mixiチェック
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントはまだありません。

絵文字
 
星  顔